心臓血管の健康と繊維

冠状動脈性心臓病(CHD)、卒中、および高血圧を含む心臓血管疾患は、80以上の万人に影響を与え、米国における罹患率および死亡率の主要な原因です。

2005年には、CHD死の主な原因だったと脳卒中は、米国における死因の第3位であった。

CHD死の最も一般的な原因であるが、それはおそらく最も修正可能です。CHDの推定82%は、そのような食生活、身体活動、およびタバコの乱用などのライフスタイルの実践に起因する19〜60%が食事パターンに起因している。

食物繊維の摂取量の高レベルがCHD、脳卒中、および末梢血管疾患の有意に低い有病率と関連している。

高血圧、糖尿病、肥満、脂質異常症などの主要な危険因子、を有する個体においても、あまり一般的ではありません繊維摂取の最高レベルは食物繊維またはこれらの症状の有病率に全粒粉消費の影響がで要約されました。

前向きコホート研究の分析では、食物繊維の摂取量の観察された保護効果は、非常に類似していました全粒穀物が、ファイバと「仲間の旅行」、マグネシウムなどの、他のミネラル、ビタミン、および抗酸化剤の効果は、重要な補完的な有益な効果を有することができる。

冠状動脈性心臓病の有病率

CHDの有病率と食生活の明敏な比較に基づいて、Trowellのは(アンダーソンに引用したような高繊維食品はCHDに対して保護的であった。

その提案、次の30年間、前向きコホート研究では、繊維の摂取と、高レベルのは、特に、全粒穀物の消費がCHDの有意に低い有病率と関連していることを文書化されました。

158,000以上の個人のための観測を提示セブンコホート研究では、CHDの有病率が最低摂取量(のものに比べて食物繊維の最も高い摂取を有する個体において(29%)有意に低いことを示している。

具体的には、分散重み付け(固定効果メタ分析によって計算相対危険度)、最低五分位のものに比べて食物繊維の摂取量の最高五分位で個人のために0.71である。

穀物繊維の摂取や全粒の効果CHDの有病率の摂取量は、全粒の摂取量は、繊維消費量の最も保護ソースであることを示唆している、非常に類似しています。

これらの疫学研究は一貫して説得力のあるが、それらは、原因と結果に関する具体的な情報を提供していません。

前向き無作為化臨床試験(ランダム化比較試験)が説得力のデータを提供する必要があります。

一つ前のRCTは、ライフスタイルの変化は、CHDの進行遅らせる示した26が、繊維の具体的な効果が実証されていません。

繊維研究の現代では、前に心筋梗塞の既往歴のあるウェールズの男性の早期RCTは、その繊維の摂取量を2倍にすると2年間の短い研究期間にわたって、虚血性心イベントや死亡率に影響を与えている。

高い一方食物繊維の摂取量のレベルが主要な危険因子のCHDと高い防御値に対するリスク低下と関連している。

前向きランダム化比較試験は、食物繊維の摂取量と減少のイベントやCHDによる死亡との関連を明確に文書化する必要があります。

脳卒中罹患率

全粒穀物の高い摂取量は、虚血性脳卒中(の有病率が有意に26%の減少と関連している表1)。

具体的には、4つの研究からのデータ2,21,28,29 134000以上の個人を含む、脳卒中の相対リスクが最低五分位の摂取量を有するものに比べて食物繊維や全粒穀物の最高五分位群の摂取量を持つ個人のために0.74であることを示しています。

他の研究では、果物や野菜の摂取量は、虚血性脳卒中のリスクが低いに関連付けられていることを示唆している30と頸動脈アテローム性動脈硬化の進行に有利な効果を有する。

これらの研究は、CHDのもののように、食物繊維の摂取が虚血性脳卒中のリスクを低減することを示唆している一方で前向きランダム化比較試験は、この仮説をサポートする必要があります。